読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15552000sec

人間死ぬ気になれば・・・というけど、実際のところどうなの?家族へ資産を残すための記録。

稼いだ経験がある人は同じくらいまでは稼げる

途中まで読んだ本なんですけどね

例えばノルマが月10台の車の営業マンがいたとします。

その人はがんばってある月に20台売りました。

運も味方したかもしれません。

でもこの営業マンは「月20台売った」という経験を得たので、次もがんばればこれくらいの結果は出せるのです。

しかもノルマ10台の時より単純に2倍働いたかといえばそうではなくて、あまり労力も変わらずに20台売れるんです。

それはやっぱり何か「コツ」を得たということになるんでしょう。

しかしその「コツ」をノルマ5台の営業マンに教えたら20台売れるかと言えばそうではないんです。

本の中でもうまく説明されていませんでしたが、なんとなくそういう事もあるんじゃないかなと思う。

年商10億円あるベンチャーの社長さんは、破産して全財産を失ったとしても、なんか頑張ればそこまで戻せそうな気がしません?

たとえるなら。

自転車に乗れない子供に「自転車に乗れるようになるコツ」を聞かれたらなんて答えるだろうか。

普通に乗るだけなら「自転車なんかハンドル持って、こいだら走るよ」と言ってしまいそう。

速く走るコツとか特別な技のコツは、相応の教え方がある。

けど、普通に乗るだけのコツってなんだ。

 

月10万円でいいから不労所得を得たいんですが。

そんなの簡単じゃん、自分の好きな事を記事にしてサイトにアップしてアフィリエイト貼っとけばそれくらい稼げるよ。

 

自転車と同じなら、乗りまくって転びまくって、体で覚えるしかないんだよね。

これって教えてもらうものじゃなくて、自分で気づくもの。

自分が気づくまで根気強くがんばろう。

 

新たな依頼

以前勤めていた会社からたまに呼ばれて仕事をくれたりすることがあります。

今日も、そんな話があって要望を聞いてきました。

以前に構築した社内向けWEBサイトの大幅な機能追加です。

ほとんど再構築なので、1から作るという話で要望を聞いてこれからまとめて見積もりしていきます。

たまにこうやって仕事もらえるのは本当にありがたいもんですね。

これからの作業の次回配分が難しいですが、なんとかがんばりたいです。

 

1時間チャレンジ報告

今日はちょっとできなかった、残念。

 

アフィリエイトサイト構築

開始からの日数:17

本日更新記事数:1

ページビュー:12

アソシエイト売上:0 (昨日)

 仕事の依頼をもらったので、記事作成の時間が減ってしまう。

1記事にどれくらい時間かけているか計ってないけど、2時間くらいかかっている気がする。

クオリティをあげつつ、時間を短縮するという離れ業を身につけなければいけないが、見積もり出した後は開発にGOがかかるまでの間は作業できると思うので、この土日に見積もりをがんばって、記事作成を1日に2つくらいはできるようにしたい。