読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15552000sec

人間死ぬ気になれば・・・というけど、実際のところどうなの?家族へ資産を残すための記録。

RPGは廃れてしまったのか

本当の意味のロールプレイは違うジャンルに?

RPGは、「ロールプレイングゲーム」の略です。

学生の頃は、TRPGテーブルトークRPG)をやったもんです。

紙とサイコロでやるRPGで、コンピュータでやるよりももっと自由度が高いわけですが、人が揃わないとできないし、ゲームをコントロールするゲームマスターの手腕と参加者がその世界に浸って「ロールプレイ」しないと全然面白くない。

その後にコンピュータで手軽に楽しめるように作られ、それがどんどん発展していったわけですが・・・。

TRPGなんて言うのは、ゲームマスターが口頭で状況を伝えるだけですから、参加者は想像するしかないわけですが、コンピュータのRPGは、イメージそのものズバリをユーザに見せることができますね。

ハードの性能があがるにつれて、見せたい想像の世界が、イメージ通りに再現されているわけです。

だけど、今のコンピュータのRPGってなんかワクワクしなくなったな。

リアルすぎるんじゃないかと思う。

ファミコンRPGなんていうのは、ハードの限界もあるので、ユーザが頭で補完していた部分もあると思う。(ドット絵がいいっていう人もいますね)

共通しているのは「想像」じゃないかなと思う。

今のRPGは想像する余地が少ないんじゃないかな。

すべてのビジュアルはリアル(想像通り)に再現されている。

小説の映画化を観てがっかりする感覚に似ているのかもしれない。