読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15552000sec

人間死ぬ気になれば・・・というけど、実際のところどうなの?家族へ資産を残すための記録。

ペットも生きる。自分も生きる。

Lサイズで耳にウインナー

犬と猫は代表的な愛玩動物だ。

もちろん番犬や盲導犬のように手段として飼っているケースや、家族の一員として迎え入れているケースもあるだろう。

そういったケースでなく、いわゆるペットとして飼うときには、動物の可愛さや血統、素養?に重きを置かれていると思う。

いろんな要素があると思うけど、最終的には選ばれた動物として選ばれなかった動物がでてくる。

またペットも生きている動物なんだから、子供ができたりする事もある。

飼い主の事情で手離さざるを得ないケースもある。

いずれにせよ、飼えない動物はどうなるか。

 

もし今地球上から全ての人間が消えたら、ペットとして飼われていた動物はどうなるだろうか。

他の生物と同様に生き残る物とそうでない物はかならず出てくる。

もし全てが生き残ることが出来たということがあれば、それはペット達より弱い動物の多くの犠牲?の上で成り立っているということになる。

人間が手を下すのか、自然が手を下すのか。

かわいいから手を下してはいけない?

自然は平等だ。

かわいくてもかわいくなくても、死は平等に与えられる。

 

生きるということは、他の生物の命を犠牲にしているということ。

全ての犠牲になったいのちに感謝しつつ、今日はピザを食べました。