読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15552000sec

人間死ぬ気になれば・・・というけど、実際のところどうなの?家族へ資産を残すための記録。

事なかれ主義の人は最難の道を選ぶ気がする

僕も親父も事なかれ主義

僕がまだ子供の頃。

家の一部に増築された部分がありそこの屋根はトタンで作ってあった。

ある夏の日、台風が接近して来て、その台風強風が予想されていた。

トタン屋根の部分は風で飛びやすいので、台風が来る前から親父に何度も台風対策したほうがいいと進言していた。

だけど全然聞いてくれなくて、いよいよ台風がうちの地方にも接近して来て、風も強くなって来た頃に、親父が重い腰を上げて、強風の中、屋根に登りトタン屋根が飛ばないように対策をしていた。

早く済ませておけばこんな命がけでやる事もないのに、どうしてこんな大変な目にあうよな行動ととるんだ?!と子供ながら不思議で仕方なかった。

あれから、自分も大人になり、親父を反面教師に、、、どころか全面教師?にして、立派な事なかれ主義である。

臭いものには蓋をするタイプ。

でも事なかれ主義の人は、決断した時は、選択肢の中からもっとも難しい選択肢を選んでいると思う。

だから、なるべく「選択しない」という選択をしてしまうんではないか。

 

もしくはただ単純に、ものぐさ、面倒くさがり、の人。

、、、自分は後者かもしれない。