読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15552000sec

人間死ぬ気になれば・・・というけど、実際のところどうなの?家族へ資産を残すための記録。

セクハラの境界線

決して境界線ギリギリを狙うためではない

数人で会話してた時、ある人の発言を受けて僕が発した言葉について、「それってセクハラだよ」って第三者に言われた事がある。

言われた方は年上の男性だったし、あとあと別の人に聞いたけどセクハラとは思えない、と言ってくれた。

自分でもそれってセクハラ?!ってその時に心の中では憤慨したもんです。

そんで、最近、そのセクハラ発言を指摘してきた人が、異性のお客さんに誰が聞いてもセクハラと思える発言をしているところを見て、コイツは僕が嫌いなだけか、とある意味安心した。

セクハラって、言われた人が不快に思う、というのがまず一番と思う。

セクハラ以前にコンプレックスの部分を指摘されるのは誰だって嫌だと思う。どこがその人のコンプレックスなのかっていうのがわからないから難しいんだけど。

僕の場合、痩せてるとか細いって言われると、ちょっとグサっとくる。

あと見た目とかじゃなくて、あんまり親しくない人に、住所とか家族構成を聞かれるのが嫌。

なんか弱みを握られるみたいな感じがする。

だから、他人にプライベートな事を聞かないし、自分の事も話さないから、あんまり友達はできないね。

公開できるプライベートっていうの持った方がいいよ。Facebookくらいに掲載できるレベルの。

セクハラで困ってる人は立場が弱い人だよね。

対等か強い立場なら、言い返せるし。

ボディタッチは論外やと思うわ。