読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15552000sec

人間死ぬ気になれば・・・というけど、実際のところどうなの?家族へ資産を残すための記録。

プレゼント企画は誰が得するか?

この記事はプレゼント企画ではありません

プレゼントはたいていの場合、もらったら嬉しい。

自分が欲しいものを好意的な人からもらうのがたぶん一番嬉しいと思う。

知らない人とか、利害関係の人からプレゼントをもらうと、何か裏があるんじゃないかと勘繰るし、絶対裏があると言ってもいい。

たまにスタバのような店にいると、今度出る新商品の試食とかが少量もらえたりすることがあるが、それはちょっと嬉しいプレゼント。

飲食店で食後にクジかなんか引いて、何かもらえるキャンペーンとかは、結局このイベント費用も飲食代からでてるんですね、という気持ちになる。

店側が身を削って出してるイベント費用というのは、客目線では自分がそのイベント費用の一部を負担しているという気分になる。僕だけかもしれないけど。。。

負担してると思うと、くじが外れたりすると腹立たしいし、なんならいつもよりアジやサービスも落ちた(落とされた)んじゃないかと思ってしまう。

まだ在庫が安く売られたり、配られたりするほうが気分的に良い。

ラーメン屋なら、から揚げとか煮卵をプレゼントされるより、ポイントが2倍とかのほうがいいと思う。から揚げも煮卵も欲しくない人もいる。そういう人は自分からもらうことを拒否したのは間違いないけど、何ももらえなくて損した、という気持ちにはなる。

プレゼントすることは、悪く言えば、海老で鯛を釣る、という行動であると思う。

商売絡みでのプレゼントは100%顧客獲得など、その先を目的としている。

ただ顧客も馬鹿ではないので、そういう「下心」は見透かした上で、プレゼントだけを享受しようとしている。

プレゼント企画なんてもういらない。