読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15552000sec

人間死ぬ気になれば・・・というけど、実際のところどうなの?家族へ資産を残すための記録。

自分のボーダーライン

どこから自分らしさ?

「君らしいね」とか「君らしくないね」とか、人生で何度か言われてる。

自分が好きなことをやってて「君らしいね」って言われると嬉しいし、言った人は僕の事をある程度見てくれてる人だ。

好きなことをやってて「君らしくないね」って言われると、僕のなにを知ってるの?って思う。

自分らしさって、自分の中で納得してやっている行動が、他人にどう評価されているかということだろう。

例えば困っている人を見かけたとき、助ける人、助けない人それぞれいる。

助けることが「君らしい」人もいるし、助けないことが「君らしい」人もいる。

助けるという行動が自分らしさの範囲にあるかどうか。

たまに「この場面、いつもはこうしてきたな」という時もある。

気分的にはのらないけど、「自分らしさ」を維持するためにやるときがある。

「この人は気まぐれに行動する」ていう自分らしさが認知されている人なら、どの選択肢であっても、問題なさそうだ。

でも、人の性格も年々変わって行くと思う。

ただ「自分らしさ」っていうのは、過去の自分が作ったルールみたいなものだから、それを破るのは勇気がいるし、またそれを破ることによって他人との関係が変わる可能性もある。

一度決めたルールを守るか守らないかは自分で決められる。

それに気づいてない人もいる。

ルールを決めるのも守るのも破るのも、全部自分次第。

今の他人との関係性がうまくいってないのなら、自分の中のルールを変えるべきなのかもしれない。

ガラッと変える必要もないし、急に変える事もできないから、徐々に変えて行く。

自分らしさ、には他人が必要。