読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

15552000sec

人間死ぬ気になれば・・・というけど、実際のところどうなの?家族へ資産を残すための記録。

自殺しなかった未来

4/8は2番目に自殺の多い日だったらしい

自殺することって誰しも一度は考えたことある、、、ある?

そういうアンケートとか見た記憶ないし、「あーも死にたいわー」とか口ぐせの人もいるけど、本気で死にたいと思ってるのかどうか。

 

僕は中学生のころ、考えたことがある。

毎日同じ生活を送ってる感じと、日曜日の朝やってるアニメを見終わり、いつも通りに友達の家に遊びに行く、あのなんていうか倦怠感?

その時にどうやって死ぬか考えた。

色々、「綺麗な死に方」を考えてやめた。

やめたというか、思いつかなかった。今みたいにインターネットもなかったし。

それでその時に「もし自殺せずに生きたらどうなるだろう?」と思って、今に至る。

もし、自殺を考えてる人がいたら、「自殺しなかった世界」を選んでほしい。

SF的(中二病的?)に言えば「違う世界線を選ぶ」かな。

生きる世界を選んで、明けない夜はない!と晴れやかな気分になったこともあるし、明日はどっちだ?と絶望した時もあった。

 

子どもの頃、いじめられていたときがあって、大人になったら人生棒に振ってでも全力で仕返ししてやろうと思った時もあったけど、大人になった今は「あいつらのために自分の時間を1秒でも使うのはもったいない」と思う。

 

アニメなら復讐するための力を得るためにメチャメチャ努力して力を入れ手に入れて復讐したりする話あるけど(今なら鉄血のオルフェンズかな?)、メチャメチャ努力したら、復讐のために使うのはもったいなく感じるんじゃないかなって思う。

動機は復讐だったかもしれないけど。

がんばったのは自分だから。

 

結局、自分の事が一番わかるのは自分しかいないから、他人の評価で自分の価値を決めなくていい。

自分ががんばったかどうかは自分が知ってる。

全ての人間の目的は「幸せになること、安心して生活すること」だと思う。

それに向けて与えられた環境、状況でどうやって達成すればよいかを考えて行動して行くしかない。

しかも一度手に入れたら永遠に維持できるわけでもないから常に状況に対応していかなければならない、大変な作業。

それはみんなやっている。

自分の幸せのために他人に犠牲を強いている人もいる。そういう人に巻き込まれたままになっている必要はない。

この世界には憲法、法律、文化などいろんなルールがある。

そのルールの中でどうすれば幸せになれるか、もがき続ける。

どこに幸せを見出すかは人それぞれだけど、死んでしまったらそれはできない。

 

みんな、死ぬまで生きてほしい。

つらいことは逃げてもいいから自分の身を守ることを最優先にする。

理不尽なルールがある。逃げれるなら逃げましょう。

でも「自然のルール」にはどうしても逆らえない。受け入れるしかない。つらいけど。

 

今は、あの時、死を選ばなくて良かったと思っています。